スペイン人に近いコンパス感覚を持つためのフラメンコ教則CD
ホームへ KikudakeCDについて フラメンコのコンパスとは KikudakeCDの効果 使用方法 開発者 ご購入 お問合せ
  アレグリアス ブレリア・デ・カディス タラント タンゴ エストゥレメーニョ ソレア ティエントのページへ   アンケートお願いします!
  ソレア・ポル・ブレリア/ブレリア カンティニャ/アレグリアス/ブレリア・デ・カディス シギリージャのページヘ     フラメンコメトロノームMRC1 エキーポHARADA
 


pdfでチラシを開く pdfファイルでチラシを開く


Kikudake Flamenco
Siguirilla(Macho/Martinete/Liviana)

シギリージャ(マチョ/マルティネーテ/リビアーナ)
型番 KIKU-007 定価3,000円(本体) ※消費税別
KikudakeFlamencoに待望のシギリージャ登場!!
フラメンコの中でも最も難解なシギリージャのリズムを解明。

踊り、ギター、カンテ、フラメンコを学ぶすべての方に!
聞くだけでフラメンコが上達する魔法のCD

このCDには「スペイン人の体内リズム」が再現されており、それを繰り返し聞く事で 「私達、外国人がスペイン人により近いコンパス感覚」を身につける事を目的に開発したCDです。繰り返し、繰返し、根気を持って 聴いていて下さい。 個人差はありますが、2〜3ヶ月位すると 徐々に音の聞こえかたが変わり、唄のリズムが聴こえ、また自身のリズム感覚が変わってきます。

本番によく使われているカンテ収録なので、自主練習やクラスのレッスンに最適です。
 



●収録内容
 

Siguirilla(Macho/Martinete/Liviana)
シギリージャ(マチョ/マルティネーテ/リビアーナ)

1. Liviana(Ritmo)
2. Liviana(Ritmo_Guitarra)
3. Liviana(Ritmo_Cante)
4. Liviana
5. Martinete(Ritmo1_Ritmo2)
6. Martinete(Ritmo3)
7. Martinete(Ritmo3_Cante)
8. Martinete
9. Siguirilla(Ritmo3)
10. Siguirilla(Ritmo3_Guitarra)
11. Siguirilla(Ritmo3_Cante)
12. Siguirilla(Ritmo1_2_3_Guitarra_Cante)
13. Siguirilla
14. Macho(Ritmo_Guitarra)
15. Macho(Ritmo_Guitarra_Cante)
16. Macho

※Ritmo1〜3がスペイン人が感じているリズムです。
このリズムを聞いてから、ギターと唄だけのトラックを聞くと
今まで聞こえなかった中身が聞こえてきます。
繰り返し聞くことによって自然とコンパス強化につながります。


今回は3種類のリズムを収録しました。
パターン1(Ritmo1)、パターン2(Ritmo2)、 パターン3(Ritmo3)です。

本CDに収録されている、シギリージャ、マチョ・デ・シギリージャ、マルティネーテ、リビアーナは、
基本的にはパターン1のリズムで唄われていますが、その時によって瞬間的にアクセントを変化させ、
パターン2、パターン3のリズムにて唄っています。

これは、パターン1のリズムだけだと、唄のこぶし、唄いまわし(メリスマ)等のアクセントが表せないので、
パターン2、3のリズムを使って、これらのアクセントを表わしています。
踊りのパソがコンパスの中で、瞬間的に2連、3連、4連などにリズムを変化させていくことと同じです。

フラメンコの唄を、日本人が唄うと、日本民謡、演歌、ポップスの様に聞こえてしまい
フラメンコに聞こえないのは【唄ってるリズムが違うから】です。
踊り、ギターにもたくさんこのパターン1、パターン2、パターン3のアクセントが生かされています。
只、聞きなれないので気が付かないだけだと思います。

聞くだけではなく、実際に練習をする時にも使ってみてください。
思わぬ発見があるかもしれません。





SEGUIRILLA

Fatigas, me dieron
ganas de llorar.
Cuando la vi,
y en el vaporcito,
la maquina andar.

Yo no soy de esta tierra,
ni en ella nací .
Que a mi la vida,
rodando, rodando y rodando
me trajo a mí hasta aquí.

No soy de esta tierra,
ni en ella nací.
Fatigas, fatigas me dieron,
ganas de llorar.

 

MACHO

Y vivo yo con pena,
porque a quien quiero
con mis cinco sentidos,
ya no esta a mi vera.

 

MARTINETE

Tu gente a mi me ha publicado
que yo era borde y mal nacido .
Pero como yo no lo soy
que yo me hago el desentendido.
Que me llevaban a mí en
conducción
yo les dije a la partida 
que los cordeles a mí me
aflojaran,
porque las manos, las muñecas
a mí me dolían.

 

LIVIANA

Y a la orilla de un rio
yo me voy solo,
y aumento la corriente
con lo que lloro.

Mi corazón lo tengo,
que si lo vieras
lástima te causará,
dolor te diera.




letraシギリージャのレトラ


pdfでダウンロードする

pdfでダウンロードする
(※印刷したい方はこちら)

 
 

 

画像ファイルでダウンロード








●アーティスト
 
CANTAOR カンタオール
GABRIEL DE LA TOMASA (ガブリエル・デ・ラ・トマサ)


セビージャマカレナ地区生まれ。 
ホセデラトマサを父とし、幼少期より 父そしてファミリアの唄い手達に手ほどきを受ける。
プロ活動開始後は、舞台、フェスティバル、タブラオ等で様々な著名なアーティスト等 と競演、研鑽を重ねる。
また昨今は後進の指導にも尽力する。
       
GUITARRISTA(ギターリスタ)
DIEGO LOSADA  (ディエゴ・ロサーダ)


幼少の頃よりギターを始め、12歳でプロデビュー、若年の頃より”Virtuoso”(名演奏家)と呼ばれ国内外のタブラオ、舞台、フェスティバル等で著名なフラメンコアーティスト、また他のジャンルの著名なアーティスト等と競演し、独自の音楽性と共に活動をする。

1991年より本格的にソリスタとしての活動を開始、「PA LLORAR MOMENTO」「LOSADAS」「CORAZONES ROTOS」ジャズミュージシャン日野皓正とのセッション作品「ON THA ROAD」、PACO PEÑAとの競演作品「ARTE Y PASION」など数々のアルバムをリリース。

現在は ”BALLET NACIONAL DE ESPAÑA” スペイン国立舞踊団主席ギタリストを務め音楽も担当している。

   
Antonio Losada(アントニオ・ロサーダ) PAERCUSSION(パーカッション)
ANTONIO LOSADA  (アントニオ・ロサーダ)


マドリッド生まれ、ギタリストディエゴロサーダは叔父。
幼少期よりファミリアのアーティスト達よりパーカションの手ほどきを受け、
若年よりプロ活動を開始、以降著名なアーティスト達と舞台、フェスティバル等で活動を
共にし研鑽を重ねる。




 
Kikudake Flamenco CD 開発者 原田 和彦
制作販売
有限会社ジェイ・ピーカルロス
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビルB1
tel:03-5575-5477 fax:03-5575-5478
URL:http://www.jp-carlos.com/
Copyright (C) J.P.CARLOS Corporation. All Rights Reserved.