スペイン人に近いコンパス感覚を持つためのフラメンコ教則CD
ホームへ KikudakeCDについて フラメンコのコンパスとは KikudakeCDの効果 使用方法 開発者 ご購入 お問合せ
  アレグリアス ブレリア・デ・カディス タラント タンゴ エストゥレメーニョ ソレア ティエントのページへ   アンケートお願いします!
  ソレア・ポル・ブレリア/ブレリア カンティニャ/アレグリアス/ブレリア・デ・カディス        
 


pdfでチラシを開く pdfファイルでチラシを開く


Kikudake Flamenco METODO
(Cantiña/Alegrías/Bulería de Cadiz)

カンティーニャ/アレグリアス/ブレリア・デ・カディス
型番 KIKU-006 定価3,000円(本体) ※消費税別
踊り、ギター、カンテ、フラメンコを学ぶすべての方に!

KikudakeFlamencoがナレーション付きでバージョンアップ!!
スペイン人の体内リズム『二声三声のリズム感覚』を段階的に学べる教則CD

『二声三声のリズム感覚』とは?
3種類の楽器が同時に演奏されているのを聞いている感覚で、1つのリズムパターンに複数のアクセントを重ね、同時に1人で行なっている感覚を『二声三声のリズム感覚』と呼びます。スペイン人はこの感覚を体内リズムとして自然に持っていますが、日本人には無い感覚です。この感覚は、訓練で身に付けていくことが出来ます。

これを身につけるために制作したのが『METODOCD』
わかりやすくナレーションを入れ、
聞くだけでなく、リズムを実際に叩き、
段階を踏んで難解なコンパスを習得できる教則CDです。

入門、初級、上級、プロまで対応しています。

本番によく使われているカンテ収録(歌詞カード付き)なので、自主練習やクラスのレッスンに最適です。
本CDは教則DVDのCD版で、今まで発売して来た「聞くだけフラメンコ」は「聞く事」でコンパスの原点 、スペイン人の体内リズム(唄のリズム)を学ぶ事を主眼としてきましたが、「聞くだけフラメンコMETODO」は実際にそのアクセントを叩き、ベースとするリズムの中でアクセントを変化させ、最終的には今回のテーマのCANTIÑAS ALEGRIAS BULERIASの唄のアクセントを学べる様にしました。そして今までの「聞くだけフラメンコ」での効果を更に高め、コンパスの原点である唄のリズムをより具体化し、そこにある複数のアクセントが同時進行して出来きている、難解なフラメンコのリズム(コンパス)を段階的に習得できるメソッドとしました。
   



●収録内容
 

Cantiña/Alegrías

1. METODOの解説
2. 叩き方の解説
3. METODOアクセントパターン1のアクセントの解説
4. METODOアクセントパターン1本編
5. METODOアクセントパターン2のアクセントの解説
6. METODOアクセントパターン2本編
7. METODOアクセントパターン3のアクセントの解説
8. METODOアクセントパターン3本編
9. METODOアクセントパターン4のアクセントの解説
10. METODOアクセントパターン4本編
11. Cantiña/Alegrías唄のアクセントパターン解説 12. CantiñaとMETODOアクセントパターン4
13. AlegríasとMETODOアクセントパターン4

Bulería de Cadiz

14. METODOアクセントパターン1のアクセントの解説
15. METODOアクセントパターン1本編
16. METODOアクセントパターン2のアクセントの解説
17. METODOアクセントパターン2本編
18. METODOアクセントパターン3のアクセントの解説
19. METODOアクセントパターン3本編
20. METODOアクセントパターン4のアクセントの解説
21. METODOアクセントパターン4本編
22. Bulería de Cadizのアクセント解説
23. Bulería de CadizとMETODOアクセントパターン4
24. 二声三声のリズム感覚
25. Cantiña
26. Alegrías
27. Bulería de Cadiz






●アーティスト
 
CANTAOR カンタオール
GABRIEL DE LA TOMASA (ガブリエル・デ・ラ・トマサ)


セビージャマカレナ地区生まれ。 
ホセデラトマサを父とし、幼少期より 父そしてファミリアの唄い手達に手ほどきを受ける。
プロ活動開始後は、舞台、フェスティバル、タブラオ等で様々な著名なアーティスト等 と競演、研鑽を重ねる。
また昨今は後進の指導にも尽力する。
       
GUITARRISTA(ギターリスタ)
DIEGO LOSADA  (ディエゴ・ロサーダ)


幼少の頃よりギターを始め、12歳でプロデビュー、若年の頃より”Virtuoso”(名演奏家)と呼ばれ国内外のタブラオ、舞台、フェスティバル等で著名なフラメンコアーティスト、また他のジャンルの著名なアーティスト等と競演し、独自の音楽性と共に活動をする。

1991年より本格的にソリスタとしての活動を開始、「PA LLORAR MOMENTO」「LOSADAS」「CORAZONES ROTOS」ジャズミュージシャン日野皓正とのセッション作品「ON THA ROAD」、PACO PEÑAとの競演作品「ARTE Y PASION」など数々のアルバムをリリース。

現在は ”BALLET NACIONAL DE ESPAÑA” スペイン国立舞踊団主席ギタリストを務め音楽も担当している。

   
Antonio Losada(アントニオ・ロサーダ) PAERCUSSION(パーカッション)
ANTONIO LOSADA  (アントニオ・ロサーダ)


マドリッド生まれ、ギタリストディエゴロサーダは叔父。
幼少期よりファミリアのアーティスト達よりパーカションの手ほどきを受け、
若年よりプロ活動を開始、以降著名なアーティスト達と舞台、フェスティバル等で活動を
共にし研鑽を重ねる。




 
Kikudake Flamenco CD 開発者 原田 和彦
制作販売
有限会社ジェイ・ピーカルロス
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビルB1
tel:03-5575-5477 fax:03-5575-5478
URL:http://www.jp-carlos.com/
Copyright (C) J.P.CARLOS Corporation. All Rights Reserved.