スペイン人に近いコンパス感覚を持つためのフラメンコ教則CD
ホームへ KikudakeCDについて フラメンコのコンパスとは KikudakeCDの効果 使用方法 開発者 ご購入 お問合せ
  アレグリアス ブレリア・デ・カディス タラント タンゴ エストゥレメーニョ ソレア ティエントのページへ   アンケートお願いします!
  ソレア・ポル・ブレリア/ブレリア カンティニャ/アレグリアス/ブレリア・デ・カディス        
 


スペイン人の体内リズムとは何のリズム?

まず、このCDの試作版をスペイン人達に実聴してもらったところ
その全員が『ほんとだ、このリズムで唄っている信じられない!』と納得していました。

スペイン人の体内リズムとは、カンテのリズムで、殆どのカンテに共通してあり、
このリズムで唄われ、当然バイレ、ギターにも沢山生かされています。
そしてコンパスもこれから生み出されていると思います。

只し、この様に具体化した前例がないため、信じられないと思うのが普通ですし、
事実スペイン人達も最初は全然信じてませんでしたが、
CDを聴いて納得し、『ロシオの巡礼のリズム』にその原点がある
と言うと、更に納得していました。
また、インドにもこのリズムがあった事もとても興味深いことです。

ロシオの巡礼はフラメンコの発祥以前よりスペインで行われていた事であり、
またジプシーの発祥はインドからと言う事が、このリズムがフラメンコの原点と思える、更なる裏づけにもなります。


スペイン人のいうコンパスとは?

このリズムがスペイン人達が言うコンパスで、彼等はこのリズムを基準にコンパスをとっている(感じています)と考えられます。
言い換えれば、彼等はこのリズムをそれぞれのパロのコンパスに入れ、コンパスを感じているのです。

例えばブレリアのパルマをたたくときに、暗黙に個々にこのリズムがあり、
その上でパルマをたたくのですから、ノリが違うのは当然のことで、カンテ、バイレ、ギター、も同じです。

彼等が良く言う『アクセントが無い』と言うのは、コンパスの中にこのリズムが無いと言っている事でしょう
彼等の言うコンパスとは、このリズムのことです。

なので自身のコンパス感覚の中にこのリズムを持つ事は、彼等のコンパス感覚に近くなっていく、これは国籍関係なく当然な事と思います。







 
Kikudake Flamenco CD 開発者 原田 和彦
制作販売
有限会社ジェイ・ピーカルロス
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビルB1
tel:03-5575-5477 fax:03-5575-5478
URL:http://www.jp-carlos.com/
Copyright (C) J.P.CARLOS Corporation. All Rights Reserved.